今からリクナビネクストを使い倒す方法を解説します

リクナビネクストを使い倒す!メインとなる使い方はこの4つ

1.求人を探す(実際に使ってみたコンテンツも)
2.情報収集する(実際に使ってみたコンテンツも)
3.自分を知る(グッドポイント診断)(実際に使ってみたコンテンツも)
4.履歴書・ESを作る(実際に使ってみたコンテンツも)

登録した人だけが得をする・スカウトのプライベートオファー

リクナビネクストのスカウト機能を利用すると、オファーが届くようになります。このオファーには、オープンオファーとプライベートオファーの二種類があります。

通常よく届くのはオープンオファーです。登録直後から多くのオファーが届くので、「おっ!もう来た!」などと少しテンションがあがりますが、大半はぬか喜びで終わります。

と言うのも、オープンオファーは送信相手を細かく選ばずたくさんの人に送っているオファーだからです。オープンオファーに返信しても面接までたどり着かないというケースも普通にあるので、ぬか喜びにならないよう、冷静に受け止めましょう。ちなみに、私は全てスルーしています。

スカウトで狙うべきはプライベートオファーです。これは企業や転職エージェントがレジュメを見て興味をもった場合にある程度絞ったユーザーに送られるオファーです。プライベートオファーの送り主は企業の場合と企業から請け負った転職エージェントの場合があります。私の場合は、転職エージェントからのオファーがほとんどです。というか、企業から直接オファーが届いた記憶はありません。

いずれにしても、プライベートオファーはオープンオファーに比べると、うまく進む確率は断然高いです。ここで注意ですが、プライベートオファーが転職エージェントからのものだったので、ガッカリという体験談や口コミをよく見かけますが、エージェントをスルーするのはよろしくありません。エージェントはプライベートオファーに反応があったユーザーを更に見極めて企業を紹介してみたりするので、ピンと来たオファーにはしっかりと返信していきましょう。転職エージェントの先には企業がいるのです。

登録に最適なタイミング

リクナビネクストに登録する最適なタイミングは、ズバリ「今の仕事を辞めたい」と思った日です。リクナビネクストはメールアドレスの登録のみですぐに利用できるので、軽い気持ちで使うことができます。

まずはどんな求人があるのかチェックしてみる所からスタートです。しかも、これが転職後の生活を想像できて精神安定によいという人が多いのです。転職をするかまだ決めていないけど、万が一転職するならこういう仕事はいいかも?など想像(妄想?)するのですね。これによって、気分が楽になるのでしょう。気持ちがリフレッシュできて、今の仕事を頑張ろう!と思えるかもしれません。転職しなくてもよいのなら、その方がリスクは少ないので結果的には良かったというケースも十分ありえます。

このように、まだ転職するとは決めていなくても、十分使えるのがリクナビネクストです。「いい求人があったら転職してもいいかも?しないかもだけど。」くらいの気持ちで登録するのがベストのタイミングです。

リクナビネクストで探せる仕事・業界

リクナビネクストに掲載されている求人の業界別の比率は下記のようになっています。
*2017年11月現在

【円グラフ作成!!】

営業:2652
事務・管理:1712
企画・マーケティング・経営・管理職:716
サービス・販売・外食:1278
web・インターネット・ゲーム:302
クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン):451
専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産):647
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ):1104
エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御):1032
素材・科学・食品・医療品技術職:256
建築・土木技術職:872
技能工・設備・交通・運輸:1062
医療・福祉・介護:187
教育・保育・公務員・農林水産・その他:357

この円グラフからわかるように、営業職がもっとも求人が多く、次いで事務・企画となっています。とにかく何でもいいから仕事をしたいという場合は、営業から探すと見つかる可能性が高いと言えます。ちなみに営業職は給料が高い求人が多く、業界未経験でも稼げる業界です。

使わないのはもはやデメリットでしかない

リクナビネクストは転職希望者の約8割が登録すると言われています。つまり、ほとんどの人がリクナビネクストの求人を見れる・応募できる環境にあるということです。そのうえで、ハローワークや転職エージェントなどを併用して求人を探しているのです。リクナビネクストの登録はもはや基本と言えます。登録しないという事は、スタートラインで既にライバルに負けているという事です。
リクナビネクストにはハローワークには登録されない求人もたくさん掲載されるので、それらの求人に出会うチャンスがゼロになってしまいます。

安心して使える3つの要素

1.匿名で使える:今の会社にバレない
2.完全無料
3.転職希望者の約8割と多くの人が利用している。これだけの人が利用しているという事は、安心して使えるという事。

【登録は1分で完了】→今すぐ登録して求人を見る