求人サイトと転職エージェントの違い

求人サイトと転職エージェントの違い

転職サイトには二種類あります。求人サイトと転職エージェントの二つです。

求人サイトは、単純に求人情報が掲載されているサイトです。アドバイザーはおらず、求人探しから応募、企業との面接日程の調整など、全てを自分で行います。転職サイトと呼ぶ場合には、この求人サイトをさしている場合もあります。

これに対して転職エージェントは、アドバイザーが在籍しており、求人探しから企業との面接日程の調整などを全て代行してくれます。また給料や休日などの待遇面も代理で交渉してくれます。他にも面接対策として模擬面接を行ってくれたり、ハローワークや求人サイトの求人票には掲載されない、企業の実態などの情報も教えてくれます。誤解を恐れずに言えば、基本お任せでも転職活動は進んで行きます。

転職活動の流れ

■求人サイトの場合
・登録
・求人探し
・応募
・企業との面接日程の調整
・面接
・採用
・入職

■転職エージェントの場合
・登録
・アドバイザーと面談(電話の場合とオフィスに出向いて直接の場合がある)
・アドバイザーから求人の紹介
・求人を選定
・応募企業に対する面接対策
・面接(面接に同行してくれる場合もある)
・採用
・アドバイザーが待遇について代理で交渉
・入職
・*入植後もフォローしてくれるエージェントもある

転職に成功した人は両方利用している

求人サイトも転職エージェントもどれか一つだけしか利用できないわけではありません。どちらも複数を同時並行で利用している人もたくさんいます。特に転職に成功した人はその傾向が強いかもしれません。

特に求人サイトはアドバイザーがいるわけでもなく、自分の好きに使えるので、登録できるサイトには全て登録しておくのがベストです。どれか一つに絞るメリットが全くありません。

■転職エージェントは複数利用するメリットが大きい
転職エージェントはアドバイザーとのやり取りが必要となるため、2~3のエージェントに絞って利用する方が中途半端にならないので、おすすめです。

複数利用することで、エージェント間のサービスの違いを確認することができます。またエージェントが独自で抱えている独占求人や非公開求人と接する機会が増えるのも複数利用のメリットです。