既婚男性の転職を阻む嫁ブロックをクリアしたどころか逆に応援してもらった話

30代、40代の男性が転職で最初にクリアすべき問題として多いのが、嫁ブロックです。

男性が仕事を辞めたい転職したいと思っても、奥さん(嫁さん)がOKしてくれない状態です。

実際に私の場合もそうでしたが、自動車ローンに子供の学費もあり、そろそろ家も考えたいよね、という時期だっただけに、最初に嫁さんに転職の話を切り出すまで半年ほど迷っていたという経験があります。

で、実際はどうなったのか?
結論から言えば、嫁ブロックを回避し逆にすすめてくれるようになりました。

嫁ブロックを回避するために何をどうしたのか

私がやったのは「嫁さんを安心させる材料を並べた」「とにかく安心させた」ということです。非常にシンプルで見もフタもない回答ですが、コレが一番効きます。というか、効きました。

実際に嫁さんと話をしてみて分かったのですが、やはり夫(旦那)が転職するとなると、今まで考えてきた将来設計が狂うのではないか?と感じたそうです。
なんだかんだで今まで順調にやってきたのに、急に将来が不安になったと。「私(嫁さん)のパート代だけではどうしようもないし…」など、とにかく色々な不安がよぎったんだそうです。

と言う事は、これらの不安をクリアする事ができれば、読めブロックもクリアできるという事。(私の場合ですが)

*転職経験のある友人に聞いたところ、似たような話をしてくれたので、私特有の状況ではないと思います。

では、どうやって不安をクリアすることができたのか?
それはもう、自分が行けそうな求人票の提示が一番効果がありました。
「正社員」で給料がいくらで?の様な求人票を並べて、「こんだけあるんだから、どこか入れるっしょ。」とストレートにアピール。
これで、渋々なのかはわかりませんが、OKを出してくれたのは事実です。

一家の家計を支えている人間が転職をするというのは、自分自身も不安はありますが、家族がいれば家族もまた不安を感じるという事ですね。ここをないがしろにして、転職をするというのは、将来的にあまりよい結果にならないような気がします。
まぁ、無理矢理押し切るというのも一つの方法ではあるでしょうが、私としてはあまりおすすめしない転職方法だと思います。
家族円満が一番ですよw